読みたいところへジャンプ

オリーブ葉エキスの皮膚硬化及び色素沈着(医学と薬学2005)

要約 この資料では、オリーブ葉エキスの投与がUVB照射による皮膚の老化(皮膚の肥厚、しわの増加および弾力性の低下)を阻止することを明らかにした。 また、オリーブ葉エキスはU...

詳しくはこちら

オリーブ葉の抗酸化性、血糖値低減(健康・栄養食品研究2007)

要約 この資料では、 糖尿病モデルラットにオリーブ葉エキス含羞食品を10週間投与したところ、血漿中のCML値が減少した。 さらにオリーブ葉エキス含有食品は強い耐塘...

詳しくはこちら

オリーブ葉の主な効果効能(オリ―ヴの森)

要約 この資料では、オリーブの葉に含まれるポリフェノールの一種であるオレウロペインが強力な抗酸化作用を持ち、天然の防腐剤と言われ、このオレウロペインの強力な抗酸化効果はエイジング...

詳しくはこちら

オリーブ葉分析成分(オリーブアカデミー2015)

要約 この資料はでは、オリーブアカデミーがオリーブ葉の有効成分を13品目で分析しています。 この中でポリフェノールが100g中7500㎎含まれてることを示しています ...

詳しくはこちら

オリーブ葉由来ポリフェノールの機能解析

要約 この資料では、 オリーブ(Olea europea)は、古来より地中海世界の食生活の中心的な食品素材として利用されてきた。 しかし、利用されるのはもっぱら実...

詳しくはこちら

花粉症やアトピーをオリーブの葉が撃退(日本メナード化粧品)

要約 この資料では、 オリーブの葉は、古くから地中海沿岸の地域で健康維持のために煎じて飲まれているもので、様々な薬効を持つことが知られています。 そこで、オリーブ...

詳しくはこちら

多様な有効活用が可能なオリーブ成分

要約 この資料では、 ヒドロキシチロソールを多く含むオリーブオイルだけでなく,その前駆体であるオレウロペインが大量に含まれるオリーブ葉も,さまざまな用途への応用が期待で...

詳しくはこちら

オリーブ葉はヨーロッパで血圧降下作用のある

要約 この資料では、 オリーブ葉はヨーロッパで血圧降下作用のあるとして知られています。 最近になりオリーブ葉エキスが免疫機能に効果があるなど注目されはじめました。...

詳しくはこちら

オリーブ 肌の「黄ぐすみ」の新メカニズムを解明(資生堂)

要約 資生堂は、加齢による肌の黄ぐすみの主な要因として、「カルボニル化」というタンパク質の変性が真皮で生じていることを明らかにしました。 真皮タンパク質のカルボニル化を抑制...

詳しくはこちら

オリーブの葉のミネラル含有量は

要約 オリーブの葉に含まれる無機質のミネラルには100g中 ①ナトリウム4㎎ ②カルシウム450㎎ ③鉄6.7mg ④カリウム1400㎎ が含まれて...

詳しくはこちら

オリーブリーフエキスについて

要約 この資料はオリーブ葉からオレウロペイン粉末を抽出する工程が紹介されています。 またオリーブ葉の抽出物の中にはオレウロペイン以外、オレアノール酸やヒドロキシチロソールな...

詳しくはこちら

オリーブの葉分析結果

要約 この資料は鹿児島県あまみ市がオリーブ葉の栄養価を分析したものです。 成分分析は15種類も及びます。 また(財)日本食品分析センターが日本で通常飲まれているお茶な...

詳しくはこちら

エーザイ社の資料:オリーブ葉抽出物「オピエース」について

要約 エーザイはオリーブ葉の抽出物のオレウロペインを使った機能性表示食品の原料提供元です。 日本でいち早く自社で「オピエース」と言う商品を製造し販売されております。 ...

詳しくはこちら

オリーブリーフ(DHC資料)

要約 この資料では、オリーブリーフの【背景】として 古代ローマ時代オリーブリーフを薬として使用したことを。 ヨーロッパの伝承医学では、オリーブリーフが動脈硬化や高...

詳しくはこちら

オリーブ葉エキス研究(コンビタ)

要約 この資料では、 オリーブの葉は、古代より、さまざまな国において栄養または医療目的で用いられてきました。 地中海地域では、高血圧や炎症、関節炎、発熱、高血糖な...

詳しくはこちら

オリーブ葉エキスの抗菌作用について

要約 この資料では、オリーブ葉エキスが インフルエンザ ヘルペス ロタウイルス感染症 EBウイルス感染症 カンジタ症 歯周病 水虫な...

詳しくはこちら

オリーブ葉エキス+ビタミンCで美白効果(ファンケル2010)

要約 この資料では、 加水分解オリーブ葉抽出物とビタミンC誘導体を併用することにより、紫外線による炎症に対して高い抑制効果、および色素沈着部位の改善促進効果が認められ、...

詳しくはこちら

オリーブ葉エキス含有無糖チョコレート(サンスター2017)

要約 この資料では、オリーブ葉エキス配合チョコレート利用食品の継続的な摂取は肥満者の体脂肪率を低減させる一方で、除脂肪量(筋肉・臓器・骨)を増加させるというヒト試験の結果と、その...

詳しくはこちら

オリーブ葉動脈硬化の治療ガイド

要約 この資料では、 オリーブの葉は内服で血圧や血糖値を下げ、また火傷や妊娠線の予防などに軟膏剤やパップ剤の形で外用されてきました。 19世紀に入るとオリーブの葉...

詳しくはこちら

ケルセチンとオリーブ葉

要約 この資料では、 オリーブ葉に含まれているケルセチンについて、前立腺がんは男性ホルモンのアンドロゲンによって悪化しますが、人間から取り出した前立腺がんの細胞にケルセ...

詳しくはこちら

オリーブ葉オレアノール酸の機能性(食品開発展2007セミナー)

要約 この資料では、 オリーブの葉には多くのポリフェノール類、例えば水溶性のオレウロペインや脂溶性のオレアノール酸などのトルテルペンが含まれている。 オレアノール...

詳しくはこちら

オレアビータOleaVita

要約 この資料では、 OleaVita(オレアビータ)はオリーブ葉に含まれるミトコンドリアを増殖・活性化する微量成分を高濃度化し、規格化に成功した新世代オリーブ葉エキス...

詳しくはこちら

オリーブ葉成分による卵巣機能及び骨形成等の改善・向上( 宮崎筑波大教授)

要約 この資料では、 オリーブ葉抽出液は血管平滑筋細胞の増殖・遊走を抑制する。 ヒドロキシチロソールは血管内皮細胞の創傷治癒を促進するが、アピゲニンとルテオリンは...

詳しくはこちら

肥満抑制組成物(サンスター)

要約 この資料では、 オレウロペイン及びヒドロキシチロソールからなる群より選択される少なくとも1種と、ヤナギエキス及びスルフォラファンからなる群より選択される少なくとも...

詳しくはこちら

究極・糖下の血糖値抑制効果及びメイラード反応抑制効果について

[gallery link="file" columns="1" size="full" ids="751,7...

詳しくはこちら

オリーブ素材を用いた生活習慣病の予防改善技術(筑波大)

要約 この資料ではオリーブの葉に含まれているオレウロペインやヒドロキシチロソールが肥満の予防・改善作用や糖尿病の予防・改善作用についてデーターをもとに解説されています。 ...

詳しくはこちら